明けましておめでとうございます。
今年もこっそり更新しますので、宜しくお願い致します。

今回は簡単ですが御知らせなぞ。
本日までコミケでお世話になっております「甲冑娘」様のHPにて、以前から定期的に公開されている、「ガールズ&パンツァー」の二次創作漫画「突撃♥女子高生お色気戦車軍団」の定期掲載に、このたび私も執筆メンバーとして加わらせて頂く事になりました♪

コミケでも、同タイトル本として掲載されますが、コミケでしか見られない描きおろしの内容が多々あると思いますので、興味のある方は是非、お立ち寄り頂けると幸いです。

因みに私は、主に「知波単学園」をメインに執筆する予定です。
西隊長と福田の、ほのぼの(?)な日常を描ければと思っております。

またそれとは別に、アダルト、ノーマル問わず、お仕事を随時募集しております。
まずは「甲冑娘」様のHPか、アダルトでしたら去年の末に発行させて頂いた単行本、「いんもらりずむ♥」を御参照して頂けると幸いです。

それでは甲冑娘様共々、今後とも宜しくお願い致します。
久々お仕事のお話です。

12月29日に単行本が出ます。
inmora01.jpg 
タイトルは「いんもらりずむ♥」です。

内容の紹介と致しましては、ほぼ全編「近親モノ」となっております、
タイトルもテーマに沿って、インモラルな内容という意味も含めた造語となりました。
大まかには「妹・姪・母・娘(+他人の娘?)」といった、近親キャラ全般を網羅してみました。

因みに最近まで、近親モノを続けてた理由ですが、単に私の趣味…というだけではなく、かつての雑誌「キャノプリ」から、現在の「アンスリウム」に変るころ、どーいう経緯かは忘れましたが、途中から私の作品は、全て近親モノで行こうみたいな流れになりました。
と言うのも、キャノプリ時代はコンビニ売りという制限がある為「近親モノ」や「ロリモノ」は硬く禁じられてました(ロリモノは今でも御法度ですが)。しかし何分天邪鬼な性格の私は、近親モノを匂わせるようなニュアンスの擬似的な兄妹関係とか、ギリギリの線でイトコ同士とか…。そんな私の気持ちを、〝間違って察してしまった(笑)〟ジーオーティー様は、コンビニ売りという制限が外された「アンスリウム」からは、ノーマルな内容のプロットでも「コレを近親モノに出来ないか?」と仰ってくれるようになりました(笑)。
…とまぁこんな経緯です。

ですのでそれまで描いたノーマルモノは、今回の単行本への掲載はされません。
さらに言うと、恐らく残念ながら一生単行本化はされる事はないでしょう…。
なぜならば、恐らく今回の本が僕の最後の単行本となる可能性が高いからです。理由は言わずもなですが、やはり漫画の世界はそんなに甘くは無いという事です。エロ漫画なら多少技術が劣っていてもとりあえず売れる…という時代はとうの昔に過ぎ去りました。

ですが、だからといって私もここで辞めるつもりは毛頭ございません。
人気が無かろうと発行部数が少なかろうと、それでも私の作品を1人でも実用として下さる方がいらっしゃる限り、ズーズーしくもこの世界で頑張っていく所存で有ります。

そんな訳で、今年も色々とお世話に成りました。
来年どこかでお目に掛かる事がございましたら、その時はまた、改めて宜しくお願い致します。

それでは皆様、良いお年を(いつの間にか年末の御挨拶にw)
最近ちょっと嬉しい事がありました。
サバゲを始めて約2年。その間ずっと欲しかった装備が、今回やっと買えたのです♪
…と、その話をする前に、この2年間で解った事を一言……。

レプリカ品は、出来るだけ買わない方が良いーーッ!!

……などと、こんな事を書くと、日頃レプリカを愛用してる方々に、要らぬ御幣を生みそうですが、勿論私自身の考え方も多いに篭ってはおりますものの、サバゲーを末永く趣味とするのであらば、あくまで個人的価値観だけで申し上げている訳では無い、という事を申し上げておきます。

レプリカではない…、即ち〝実物〟という事になる訳ですが、まず〝実物〟を選ぶ一番の理由としては、「壊れにくいッ!」という事です。そして本物志向特有の「拘り!」というのは、個人的には二番目に位置します。
その他にも、色合いの良さ、実戦を想定しされた作りの為、装着時の疲労感を軽減する、等といった様々なメリットがございます。

例えばBDU(バトルドレスユニフォームの略※迷彩服)。
よく上下セットで5~6千円という、かなりお手ごろな品を見掛けますが、生地や縫い付け具合の甘さから、ゲーム1日目で綻びたり破けたり…という事も稀ではありません。
因みに私が買った最初のBDUは、トゥルースペック社(実物と同規格で製作されるメーカー)のマルチカムブラック上下(以下MCB)。
コレを選んだ理由は、単に広告の写真がクッソカッコ良かったから…という安直なものですw。
同時にサバゲを始めた弟は、とあるお店で買ったメーカー不明のマルチカム上下(以下MC)のレプリカ。
最初は「ありゃ?レプリカでも十分カッコイイじゃん!」と思ってましたが、2回目のゲームで使用した際、弟のMCは、パンツの膝ポケットが見事に破れ、私のMCBも同じくらい過酷なアクション(単にすっころんだり滑ったり…)にもビクともしませんでした。
結果弟はそのBDUを捨て、その後も何着かレプリカを買っては替え…という繰り返し。
その間、私のMCBは現在でも全く綻ぶ事も無く、せいぜい色あせてきたかな…といった程度です。

ここで簡単な計算ですが、私のMCBは上下で約25,000円というバカ高いモノでした。
そして弟のMCは、上下セットで約10,000円。その後3着程セットで買い換えたので、単純計算すると総計で約30,000円…。
う~ん…、最初から高い値段出して買っといた方がむしろ安くね…?といった感じです。

勿論「同じ柄だけじゃ飽きるじゃん!」とか、「フィールドによって柄を使い分けるから、購入しやすいレプリカの方が断然良い!」といった御意見も飛び交って然り。
はい、全くもってその通りです!
マルチカムブラックはその名の通り〝黒色〟な訳で、夜戦でないと迷彩効果を発揮しません(笑)。
昼間に始めるのが大半のサバゲ。白昼に目立つ〝黒い私〟は何度も的にされました(泣)。

ここでやっと本題になる訳ですが(前置き長っ…)、冒頭に書いた「やっと買えた物」。
それは…
プロッパーのマルチカムです!!

実はレプリカと言えど、弟のマルチカムをずっと羨ましく思ってました。
マルチカムとは米軍正式仕様のBDU柄なのですが、その名の通り、どのようなフィールドでもマルチに対応し、森林やデザートと言った、様々なフィールドに対応します(市街戦はともかくw)。
そんな私はこの2年間、プロッパーのマルチカムが欲しくて仕方ありませんでした。因みにプロッパー社も、トゥルースペックと同じく、実物と同規格で製作するメーカーですが、とある動画を見て以来、トゥルースペックよりプロッパーのデザインが妙に気に入っておりました。
しかも比較的プロッパー製品の方が安価な為か需要があるらしく、ネットや上野近辺のミリタリー屋を巡っても、大抵品切れだったり上下のどちらかが揃わなかったり、欲しいサイズだけが無かったり…。

そんな中、やっとの思いで見つけたのが
プロギアショップ トルーパーズ!!!

なんとこのお店、あんなに探して無かったプロッパー製品の在庫を豊富に取り揃えており、私が欲しかったマルチカム上下が、ほぼ全サイズ揃っているという奇跡(?)!!

此処は天国ですかッ!?
…と、思わず叫びたくなる心境♪

店員さんと歓談し、自分と同じくトゥルースペックのMCBを買ったは良いが、殆ど使う機会は無く…といったエピソードで盛り上がり、試着時に鏡に映ったイメージ通りの自分の姿に大満足し、トゥルースペックと同レベルの頑丈さと着心地具合を確かめて……。

コレだ!コレが欲しかったんだ!!
…と、心の中でガッツポーズ♪
その日は嬉しさのあまり、電車の遅延に微塵の苛立ちも覚える事も無く、結構距離の有る自宅へと足軽に戻り、早速鏡の前で試着し、何度も何度もポーズをキメてほくそ笑んでおりました♪(ウン、我ながら超キモかった♡)

結局何が言いたかったかと言うと、超欲しかったプロッパーのBDUが買えた事と、どうせ買うなら実物仕様の品を買っておけば、末永くサバゲで使えるよっていう…、たった2行で表せる内容を長々書きたかっただけでした…^^;。

ホントはBDU以外の装備の事も書きたかったけど、それはまた次の機会って事で!




もはや誰も見て居ないであろう当ブログ(笑)。
更新のモチベーションも乏しくなっている訳ですが、時々ふと書きたくなるから不思議なものであります。
まぁそんな時って大概、作業に詰まっていたりして、強烈な現実逃避をしたくなる時などに起こる衝動な訳ですが(ぶっちゃけ今回もそんな感じw)、まあ〝日記感覚〟で久々筆をとってみる事にします。

前回の記事で、足を再び痛めてしまったという内容を書きましたが、あれからかれこれ数ヶ月…。
今ではすっかり(でもないが)治りまして、今年はもう何回かサバゲに行っていたりします。
特に今年の夏は暑さに悩まされまくりましたが、夏には夏の装備ってものあるわけでして、それなりの軽装備に予備マグポーチやセカンダリー用のホルスター。そして忘れちゃいけないダンプポーチ。HSGI社製コブラバックルのリガーベルトにHSGI社製ダブルデッカーレッグリグ。シューズはメレルのトレッキングシューズ。最後に絶対無くてはならないアイウェアーは、ESSのクロスボウ。コレらは全て、レプリカではない実物装備。

分かる人なら分かるであろう、どれもそれなりに高額な物で、合計すると何諭吉になるのか怖くて考えたくはない(笑)。
だがヒトツだけ言える事は、永く楽しむ趣味として、装備もそれなりに良い物を揃えた方が、サバゲーをより楽しめる。そして当然ながら、本物を揃えた分の恩恵は間違いなく自分に還ってくる♪

例えばESSのクロスボウサングラス。
今までマルイのプロゴーグルを愛用していたが、最初は難なく使えてましたが、徐々に曇りが激しくなり、今ではファンを〝強〟で回しても曇るように…。そして兎に角〝でっかい〟ので、キャップとの兼用が難しく、ファッション的な意味でもかなり限定される。対してESSクロスボウは、状況によっては曇るとも言われているが、ここ数ヶ月使った限りでは未だ一度も曇りはない。何となく曇ってきたかな?と思ったら、中性洗剤でサッと洗い流せば復活する。そして当然ながら、キャップだろうとヘルメットだろうと、どんな物でも兼用可能♪
※但しフィールドによっては、使用を禁止している場合も有るので注意。

そしてメレルのトレッキングシューズ。
今までは安物のタクティカルブーツを履いていたが、一日サバゲをするとどうしても足が疲れてしまい、後半は動きも鈍くなる。メレルに替えてからは殆ど足が疲れなくなった!
コレは実に嬉しい事で、単純な話、足が疲れなければ一日のサバゲがより楽しく遊べるというものだ。

思い起こせば初サバゲの際、事前に色々な情報を漁ったが、とりあえず気を使うべきアイテムは、〝ゴーグル〟〝グローブ〟〝シューズ〟の3点。グローブは元々メカニクスの良い物を店員に勧められたので、かれこれサバゲを始めて2年近くになるが未だに問題無く愛用している。

HSGI製品に至っては、元々TACOマグポーチの使い易さに惚れ込み、以来徐々に同社製品を集めてきたという経緯だが、お陰でマグチェンジが楽しくなり、今では多弾数マガジンは一切使用していない。無論その分セミオートを使う機会が多くなったので、今は物凄くトレポンが欲しいが、さすがに簡単に手が出せないので、今はビッグアウト製のDTMを検討中。

他にも書きたい事が山ほどあるが、今回は現在の自分の装備紹介程度に留めておく。

まだまだサバゲは辞められない。
久々にブログを書いて見たが、まだまだ書きたい事が山ほどある事に今気づいた(笑)。

それはまた、次の機会と言う事で。




先月、数年ぶりにスノボしにいったんだけど、いや~忘れた忘れた。
そんでもってまたもやヤッチマッタ…

それは遥か昔の20代…。
同じくして初のスノボーにチャレンジしたら、見事にコケて薄利骨折。約一ヶ月の入院となり、それ以来体力は信じられない程ガタ落ちした。それまで、例え仕事の上司だろうと関係なく、気に入らないヤツなら容赦なく突っかかってく程の糞餓鬼だったオレでしたが、足を折って以来その勢いも完全に萎縮(笑)。
それ程体力の衰えを実感した時代…。

そしてその悪夢がまた起こってしまったという訳でして…。
今回は幸い骨折までとは行かなかったが、いわゆる靭帯損傷で約3週間のギプス生活。あの頃弱めてしまった左足が、さらに筋肉を萎縮させ、もはやどうしようもない程に痩せてしまった。最もリハビリで回復は望めると思うのだが…。三週間以上経った今でも膝の内側に妙な痛みが走るので、今回MRIを撮って着ました。そして今はその結果待ち…。

恐ろしい…。
何が恐ろしいって、今後サバゲーが出来るかどうかって事ですよ!
今のオレの生き甲斐はまさにサバゲー一筋!!
テレビゲームもアニメ鑑賞も完全に飽きてしまい、少ない資金の殆どをエアガンやサバゲ装備に費やしてきた。それがたった一回のスノボー転倒で全部無駄になるかもしれないと思うと……!!
因みに自分はけしてアウトドア派ではないが、スノボーの面白さは知っている。だが仮に、スノボとサバゲのどちらを取るかと問われたら、オレは10対0でサバゲを取る。だから金輪際スノボーはしないと誓ったのだ。

サバゲーはルールさえ守れば、大きな怪我は皆無と言って良い。
一番怖いのはBB弾が目に入った時の失明のリスクだが、今のサバゲフィールドは兎に角ルールに厳しいので、アイウェアもまともに装着出来ないような阿呆は即退場。所詮テッポウゴッコと侮ってはいけない!一般ユーザーのナカにはかなりの経歴を持つ人種もゴロゴロ混じっている。特に肉対派系の公務員や元自衛官など多数いる。現にウチのチームにも1人、元自衛官だったメンバーが居るくらいだ。そして彼らはただ勝負をエアガンで決めるというルールに則ってプレイしているだけなので、もしリアルファイトにでもなったら、威勢だけのクソガキなぞ余裕でボコられる事だろう(笑)。

対してスノボー(スキーも含め)は、免許の要らないバイクのようなモノだ。
別にスノボ&スキーをディスるツモリはないが、それだけ危険と隣り合わせなスポーツと言う事。まず最も大きな違いを述べると、バイクや車はアクセルを吹かさないと前に進まないが、スノボーやスキーは全くの真逆。ブレーキの掛け方を知らないと重力でどんどん先に進み、さらにどんどん加速する。さらに、バイクはヘルメット着用が義務付けられるが、スノボ&スキーは板さえ有ればどんな初心者でも、どんな幼児や高齢者でも滑れてしまうという、完全なる無法地帯!しかもそんな速度で転倒すれば、大怪我をするリスクも相当高い。当然ながら、ゲレンデによるスキー教室等が初心者向けにほぼ用意されてはいるが、別に受講は義務ではない。

正直こんな状況で、よく誰も文句を言わないもんだと不思議に思えて仕方ない。
そんなオレから言える事はただ一つ。コレからスキーやスノボーを始めようと思っている人は、だいたい2~3時間程度の受講で済むので、面倒と思わずまずは教室に行き、最低限「止まり方」と「転び方」を覚えてからゲレンデに出て欲しい。


そんな訳で、今のオレはとにかく養生に励み、何時かサバゲに復帰出来る事を夢見つつ、エアガンの手入れに勤しみたいと思う。