上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
只今絶賛ボーマスに向けて、同人誌を執筆中・・・ (;T∀T)のハズ・・・
実はリンのネタで行こうと思ってるんですが、ど~も普通すぎてツマラナイ・・・

ボカロのオンリーイベント向けなので、例えエロスといえどあまりメインネタから外れては
いかんだろう~・・・と思っていたのですが、自分が描いてて面白くないんじゃ仕方ないw

そんな訳でちょっと予定変更!!(っと言ってもまだネームすら完成してませんがw)
ちょっと前まではチョコチョコ描いてた“ふたなりレン”の絵。
いつもコメントくれるノーグッドさんの言葉からも思い出し、ちょっと久々描いてみました。

描いたついでにちょっと思い描いていたショートストーリなどもご一緒にどうぞ・・・w




―― リンとレンの夏物語 ――

   季節は夏まっさかり!!
   そして夏といえば… そう!勿論「海」!

   海といえば、ふたなりレンきゅんにとって、
   何時も困るのがやはり水着!
   なぜなら女の子の水着を着るのは
   恥ずかしいから絶対嫌だし・・・

   かといってリンより大きなオッパイは、
   どうにも隠し様が無かった
   とりあえずシャツを着て胸を隠す事にしたが、
   ついつい胸元を手で覆っちゃいますw

   そしてとってもお姉さん気質なリンちゃんは、
   このヘンな身体を持つ弟の事が心配で、
   恥ずかしながらも引率する事にしました・・・

   しかしその胸中はとても複雑だった・・・

リン「あ~ もう・・・ 恥ずかしいなあ・・・
   でも 仕方ないかぁ・・・
   コイツいっつもオドオドしてるから
   ほっとけないし・・・」

   チラっとレンの方に目を向けるリン

リン「そりゃ気持ちは解らないでも無いけどね・・・
   いくら胸が有るからって・・・
   女の子の水着なんて絶対嫌だろうし・・・」

   やはり胸元が気になるのか、
   ずっと腕をくんでいるレン
   しかし、Tシャツごしに象られたその柔らかい部分は
   腕の隙間からはみ出し、全体を隠しきれていなかった…

リン「ハァ・・・ それにしてもデカイわね!
   歩くたびに揺れてるじゃない!!
   フン!どうせアタシはツルペタですよぁ~だっ!」

   レンの胸元を見るたびに、だんだんイライラ感が募るリン

リン「ナニよ!女の私が小さくて、
   男のアンタが巨乳ってどーいう事!?」
   …あ~~っ だんだん腹たってきた・・・!!」

   なんだかプリプリ怒ってるお姉さんに気づき
   ちょっと心配になったレンきゅん…

レン「リン姉・・・
   …どうかしたの?」

リン「な・・・ なんでも無いわよ!」
   遮るように、そう言い放つリン

リン「とにかくアンタ…
   今日はそのシャツ着たまま泳ぎなさいよ!
   纏わり付いて、気持ち悪いとか思っても・・・
   絶対脱いじゃ駄目だからね!わかった?!」

レン「わ・・・ わかってるよォ・・・」
   しぶしぶ頷くレン

レン「でもリン姉・・・」
リン「な・・・ なによ?」

レン「リン姉の水着・・・
   凄く可愛いよ」


ふたなりレンとツルペタリン
 予期せぬ突然のレンの言葉に、
 思いっきり焦ってしまったリン

リン「ハァッ!? チョッ・・・・
   な!なによ突然っ!
   何言い出すのよ!馬鹿!」
  思わず声がうわずり、顔を真っ赤に染めるリン♡

  そして胸の鼓動は
  自分でも信じられないくらいドキドキしていた・・・

  男の癖に・・・
  自分よりスタイルの良い弟に嫉妬していたのに・・・

リン「あ・・・
   アンタなんかに褒められたって・・・
   ちっ~とも嬉しくないんだから・・・」

レン「はは・・・
   そりゃそうだよね…」

   でもリンにはそれ以上言葉が出なかった・・・
   だってホントは嬉しかったから・・・

リン「わたし・・・ アッチで泳いでくるっ!
   あ・・・ アンタも適当に泳いでなさい!」

レン「え!?ちょ・・・
   待ってよ!リン姉ッ!!」

   波間に向かって走る双子の姉弟
   リンは早く水に入りたかった・・・

   火照った顔
   熱くて仕方ない身体を
   レンに気付かれたく無かったから・・・

  走りながらリンはつぶやく
リン「・・・レンのばか・・・」
   しかしその口元は、
   ホンの少しながらの笑みを浮かべていた

レン「え?な~に?リン姉!」

リン「なんでもない!!!」

   リンはレンを遮るように
   向かってくる白波に思いっきり飛び込んでいった


















   しかし・・・

   この後、とんでもない失敗に陥るとは
   今の二人は知るよしも無かった・・・


―― つづく ――




(*゚∀゚)え!?続くの!?うそんwww
でもショートストーリーって結構ムズカシイのねん(;T∀T)

書いてる分にはナカナカ面白かったけど・・・ww
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。