最近の趣味…。
それは、まだ始めてもいないと言うのに趣味と呼べるシロモノではないのだが…、簡単に言うとサバイバルゲームです!
大の大人が、玩具のエアガンを使って、フィールドを駆け巡って撃ちあって遊ぶアレです(笑)。

昔は電動ガンなんて無く、あるのはコッキングによる手圧縮のエアガンか、フロンガスをチューブで繋いだガスガンを使ってフルオートを撃つと言う・・・。言ってみれば装備にお金を掛けた方の勝ち、みたいな感じで、かなり乱暴な印象でした。
しかもちゃんとしたフィールドも少なく、人気の無い場所を探しては、時折犬の散歩をしている一般の人と鉢合わせたりするなど、トラブルも尽きない感じで、世間のエアガンへの印象も、けして良いとは言えないものでした。
そんな時代に突如現れた、東京マルイによる電動ガン。このメーカーは、もともとラジコン等に長けた会社らしく、誰もが半信半疑でした。本当に手圧縮でもなく、ガスでもない、連射のできるエアガンなんて出来るのか・・・?出来たとしても壊れ易いんじゃね?という、誰もが不安と疑問を抱く中、満を持して初登場したファマスという名の電動ガンは、コレまでの常識を覆す程の存在だった。

連射の出来ない手圧縮によるエアガン。連射をしているとガスが冷め、特に冬などは生ガスが吹き出すガスガン。
それぞれの弱点をすべて解決したのが電動ガンだった。出た当時は、本当にエアガンの革命だと思った。だが丁度その頃、当時まだプータロだったオイラも就職が決まり、徐々にエアガン趣味から離れて行った。

そして現在…
切っ掛けは〝仲居の窓〟という番組で、インパルスの板倉が紹介していたサバゲーの趣味だった。
コレを見て「懐かしい!」という気持ちと、「最近の電動ガンってここまで凄いの!?」という衝撃により、早速東京マルイのページを閲覧したり、youtubeでレビューやサバゲーの動画をむさぼる様に見るようになり、久々やってみようかな?という気持ちになった訳です。

昔は銃の性能により、ヒットする事すら難しかったエアガン。
今は快適に連射でき、命中率も飛躍的に向上し、時代と共にさらに進化した電動ガンを筆頭に、ヒットしたら自己申告で「ヒット!」と言える自制心(コレ重要!)とマナー重視のプレイスタイル!そして最近では、しっかり管理の行き届いた、ゲームのフィールドの存在!ここまで来たら、コレはもう、立派な大人のスポーツ(遊び)と言えると思います。勿論ミリタリーファッションを楽しむ、コスプレ的な要素も含まれると思いますが、共通して言えるのは、あのフィールド内での緊張感。けして死ぬ事は無いが、それでもやるかやられるかのサバイバル精神は、人間が本来持ってるモノなのかもしれません。

まだオイラはエアガンを一丁も持っておらず、迷彩服もゴーグルも持っておりません。
でもついこの間、秋葉のラジオ会館に行ったら、迷彩服のファントムさんや、その他エアガンショップも充実しており、何よりお客の数が凄く多かったのが印象的でした。
ちょっとしたブームなのかもしれませんが、これから始めようというオイラにとってはとても嬉しい事だったりします。

まずは手始めにハンドガン。そしてメインの武器は・・・次世代電動ガンを狙っております。
その前に・・・、まずは失った体力を少しでも取り戻さないと・・・ネw



Secret