上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コレは全く予期せぬタイトルでした。
フロントミッションはぶっちゃけ、申し訳ないがアンチスクエアの
オイラでも唯一魅力を感じていたシリーズ。
もっとも遊んだのは3作品目くらいまでだったから、ファンと明言できる
程の資格は無いどね(笑)。

なんせPS3、xbox360、PCと3機種での発売という事で、現在xbox360を
所有してないオイラとしては、ちょっと嬉しい情報です。
そして何と言ってもコレが、フロントミッションオンラインを
彷彿させるかのような、三人称のシューティングゲーム!
元々フロントミッションのシリーズはシミュレーションだった為、
シミュレーションが苦手なオイラには、少々手を焼くゲームでした。
今回のエボルヴは、もはやシミュレーションとは全く違う、TPS!
しかも開発はスクエア本社ではなく、北米のデベロッパらしいので、
その為、厳密には正式ナンバリングではないと情報サイトでは言っているが、
オイラとしては特に気になりません。

その大きな理由としては、やはりヴァンツァーのデザインである!
あのゴツゴツした鉄板だらけのデザイン。
バーチャロンで言えばライデンのような・・・(チガウカ?)
ガンダムOOで言えばヴァーチェのような・・・(チガウ?)
それらをさらに横に広げて安定感を取ったかのような
あの無骨なデザイン!たまりませんw

特にオイラはこのシリーズの最も魅力を感じる部分なので、開発が違えども、
しっかりと、あのハコハコしたデザインが忠実に継承されてるし、
むしろその絶妙なバランスかつ、極力曲線の少ないデザインは、
ポリゴン表示には最も適している。
てことはつまり、より快適なロボシューティングゲーが楽しめる可能性が
高いというコトでございます。

その他にもシリーズ通しての魅力でもある、ヴァンツァーのカスタマイズ。
レベルアップが無い分、パーツのカスタムでヴァンツァーを強化していく様は、
モンハンの装備を強化していくようなモノ。

そして面白いのが、人間のプレイヤーが設定されていて、ヴァンツァーに
実際に乗り降りするかのようなミッションがあるとの事。
ヴァンツァーがダメージを受けて動かなくなったら、やっぱり乗り捨てて
逃げ出したりとかするんだろうな・・・(笑)。

ただネットワークで協力プレイとかはありそうですが、まだ全貌が解りません。
プレイヤー同士が集うルームが有って、そこで仲間を集めてミッションを…なんて
展開に将来なるといいな~なんて勝手に期待してますがどうなんでしょうね。

とりあえず久々期待できるタイトルを知れて嬉しかったです。

遊ぶ暇も・・・ほしいな・・・ (;゚∀゚)
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。