海の日


超久しぶりのブログです。

本日7/16は全国的に「海の日」だそうなので、ここんとこの鬱陶しい暑さに逆らう勢いで、海で戯れるフィーたんとリペたんの落書きを描いて見ました♪
本来ならば、基本ポロリ的な絵を描きたいところなのですが、さすがにフィーたんは人様のキャラなのでそれは自重ww

そういえば、正式にmoeyo.com様でフィーたん4コマを描かせていただく事になって早数ヶ月・・・。ちゃんとしたご挨拶も出来ずじまいでした。そんな訳で、約一年程描かせていただく予定ですので、改めて宜しくお願い致します。

さて、本題の「海の日」ですが、最近嘆かわしい事を耳にしました。
それは最近のお子さんは海ではなくプールに行きたがるとか…。

まあ3.11以降の懸念もあり、あまり海に行かせたがらない親御さんもいると思うのですが、少しは海で遊ばせ、自然を肌で感じさせる事も重要だと思うんですわ。

例えばオイラなんか、小学生のガキの頃、海で泳ぎを覚えたもんです(湘南育ちなんで)。
始めは浮き輪とシュノーケルを装備し、海中の様子が伺えるのが面白く、そのうち浮き輪が邪魔に感じ、息さえ出来れば後は塩水の浮力で余裕で浮く事を体で覚え、あっという間にシュノーケルのみで、(ゆっくり)数百メートル泳げるようになりました。
さらに今度は、シュノーケルが邪魔に感じ、ついには海パン一丁で泳げるように!

沖まで泳ぎ、疲れてくると仰向けに浮きながら休み、そしてまた泳ぐ…。

勿論気がついたら沖に流されて、恐怖を感じたりした事もありましたが、そーいった苦難を経験する事も大事なんだと思ってます。

まあ時代が違うと言えばソレっきりなんですが、子供を育てる上で、ただ大事にするだけが愛情じゃないとオイラは思います。

アウトドア派になれ!とまでは言いませんが、コレから夏休みを迎えるお子さんをお持ちの親御さんは、多少なりとも自然を体験するプランを検討してみては如何でしょうか?

あ…、セミが鳴き出した…。