上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「いんもらりずむ♥」発売中♪
inmora01.jpg 
 全ての作品が近親愛モノです。

 収録作品:とらっぷ ざ☆あんだーうぇあ~♥
     :わんでぃ~カノジョ♥
     :ママが更生(レッスン)してあげる♥
     :パパとイっちゃう?
     :パパになっちゃう?
     :ミリドルしちゃう?
     :いもうとバースディ♥
     :オタヒメオモリ
     :覗き魅入るその先に…

 著者  :gemu555(ゲムサンゴ)
 発行所 :株式会社ジーオーティー
 印刷製本:大日本印刷株式会社

 宜しくお願い致します。
 ただでさえ放置気味なのにたまに書くのがサバゲの事ばかりなので、たまにはお絵かきでも…(と言ってもツイッターでラクガキした絵ですが^^;)。
福ちゃん_053 のコピー 


 ガルパンの福田です♪

 10月1日は「メガネの日」らしく、メガネっ娘といったら福ちゃんですよね(?)。
 気が付いたらあと数十分で日付が代わりそうだったので、ギリギリ1分前くらいに仕上げました(我ながら乱雑ですなぁ…^^;)。
 最近はもっぱら甲冑娘様のところでガルパンのweb漫画を描かせて頂いておりますが、初めてからかれこれ1年と10ヶ月といったところでしょうか?

 毎週2ページ程の漫画を描かいておりまして、甲冑娘様のはからいによって今年の夏コミに単行本を出して頂きました!
 興味のある方は是非此方からご覧頂ければと思います(とらのあな様の専売です)。
 ↓
 知波単学園あぐれっしぶ♡第一巻

 お色気シーンは全く無い全年齢向けの本なのに(せいぜいオパンチラ程度)なぜか成人向けに設定されているのが謎ですが(笑)、知波単学園を中心としたドタバタ劇の内容となっております♪
 但し製作陣が私を含め、見事に同年代のオッサンばかりなのでネタがかな~り古くて若い人には意味不明な話がテンコモリ過ぎるかもしれませんので、その点だけ御注意願います(笑)。

 また甲冑様としても作家単独の本を出すのはコレが初めてらしく、色々模索中との事で今回は何処までクオリティを上げられるか?…という恐ろしいチャレンジを行っておりました…。
 つまり印刷は勿論、カバーやらエンボス加工やら本文の紙質やら印刷クオリティの調整やらエトセトラエトセトラ…

 中身が印刷クオリティに追いつかないわっ!www

 という事で商業コミック以上のクオリティを目指して製作された、甲冑娘様の努力を褒めてやってくださいませっ!(私の事はどうでもいいのでw)

 宜しくお願い致します♪

 ←甲冑娘様のブログ

 毎回放置気味だった当ブログに、久々コメントを頂けて嬉しかったので、何となく近況などを記そうと思います。

 最も最近はサバゲの事しか書いてませんが、多分これからも…。

 さてタイトルの通りですが、もうすぐGoPro HERO7なる物が発売されますね。
 前々から気になっていたアクションカムでしたが、サバゲでもよく頭に装着している人を見掛けるので、自分も何時か欲しいと思っておりました。
 別に動画配信するのが目的ではなく、サバゲーの仲間内で楽しむ為です。
 サバゲを始めた初期の頃は、その日その日のサバゲが楽しく、せめてもの思い出に…とスマホで記念撮影などをしてましたが、最近ではゲームが始まるとそんな余裕も無く、気が着いたら1枚も撮ってなかった…なんて事もしばしばです。
 ましてやセーフティエリアで、思い出したかのように撮ったりしたとしても、どうせならフィールド内でのカッコイイ(?)戦闘中の写真も撮りたいし撮られたい!…となると、仲間の誰かが戦場カメラマンに徹しなければなりませぬ!
 …それはそれで面白いとも思うのですが(笑)、どうせなら皆が楽しくゲームしながら動画も撮れてて、その中から良いシーンだけチョイスする方が楽じゃない?と考えたわけです♪

 しかしGoProシリーズはどれも高額で、なかなか手が出し辛かったのも事実。
 それも写真用となると、過去のGoProは色見もそれなりだし、手振れ補正も無かったので新バージョンが出る度に、誰かが上げたレビュー動画を見ながらずっと伺っておりました。
 そしてついに、GoPro HERO6で手振れ補正が搭載されたものの、画質や色身がどーしてもイマイチ気に入らず、購買意欲にまでは至らなかったのですが、今度のGoPro HERO7は、その足りないと思っていた要素が全て詰め込まれ、見直され、まさにコレを待っていたんだ!という気にさせる仕上がりになってくれたと感じました!
 これなら高額でも買って損は無いと感じております。

 そんな訳で発売後、動画サイトでまた様々なレビューが上がると思いますが、それを見てさらにじっくり検討しようとかと思っております。

 購入したら、今後ゲーム中の写真などもブログにアップしてけるかもしれませんね!(誰も望んでないw)
 
 
 去年の暮れ、殆ど手に入れる事が出来ないと言われていたダイタック製のBCMのハンドガードが一個だけ入荷したとの知らせをドラゴンフォース様から受けました。

 以前、抽選で頂いたトレポンは、当然ながら刻印やコーティング等はしておらず、チャレンジキットをそのまま組んで頂いたものです。
 いずれはBCM仕様にしたいと考えてましたが、結構人気のカスタムらしく、それに必要なパーツ(主にハンドガード)は、実物もレプリカも全く手に入らないと言われてました。
 そんなさなかでの単品入荷だったので、ドラゴンフォース様には本当に感謝してます。
 こーいう、お客のニーズにガッツリ応えてくれる店こそ、本物の名店だと心から思ってます!

 話を戻そう。

 そんな訳で、これを機に早速カスタムして貰う事にしました。
gun01.jpg 
 いってらっしゃい、マイトレポン!
 因みに奥に写るハンドガードが、今回入手できたハンドガードです。
 更に今回は、アウターバレルもアルミ製にするので激的に軽くなります!
 しかもこのアルミバレル、今では絶版となっているシステマ純正らしいです(笑)。
 絶版のハズの商品が、たまにこうしてヘロっと入荷するらしいからこの業界はホント面白い。

 そんな訳でザッと纏めると、今回カスタムするのは以下の通り。
 ・ハンドガードの交換。
 ・アウターバレルをアルミ製に交換。
 ・バッファープレートをBCMタイプの物と交換。
 ・ハイダーをBCMタイプの物と交換。
 ・ハンドガードとレシーバー上下を、同色でセラコーティング。
 ・さらにハンドガードとレシーバー上下に、それぞれBCM仕様の刻印。
 ・その他諸々。

 因みにレシーバーの刻印は、民間仕様という事でFULLを排除!

 以上な感じです。

 期間は早くて一ヶ月。遅くて三ヶ月といった処。






 そしてガッツリ三ヶ月…(笑)

 どうやらセラコート&刻印の発注先の鈴友さんが超激務らしく、期間が早まる事はほぼ無かったそうです(笑)。








 しかし…
 待った甲斐がありました!!
gun02.jpg 
 ご覧下さい!この美しさ!!
 ダイタック製の出来自体は実に良いと評判で、さらにセラコートや刻印を施すと、ここまで化けてくれる…!!
 ドラゴンフォースの店長さんも、改めて鈴友さんのクオリティは高い!と、私の銃を眺めながら仰ってくれました。
 またドラゴンフォース常連さんの、通称〝BCMおじさん〟という方(笑)も、「ぶっちゃけ実と見分けつかん…」と仰ってくれてたとか(笑)。

 そして念願のBCM刻印のレシーバー!!
gun03.jpg 
 この刻印が入れたくて入れたくて…、むしろBCM刻印を入れる理由付けとしてのBCM仕様のハンドガードを探していた、と言っても過言ではありません。
 ハンドガードに施したBCM刻印も実に美しい…。

 本当に本当に満足してます!!


 さらにBCM仕様に拘った理由がもう一つあります。
 それは、同じくミリタリー系で私の好きなメーカーが、トンボマークでお馴染みのHaley Strategicであるという事です!
 自分のサバゲ装備の殆どがHaley Strategicでして、パッチ等もトンボやHaley Strategicデザインで統一してます。

 そして後で知ったのが、このHaley StrategicとBCMが過去にコラボしていて、コラボの象徴とも言える「ジャックカービンカスタム」のM4に憧れてました。
 残念ながらジャックにするには、また更にパーツ集めが大変なので、一旦これはおいといて、気分だけでもコラボ使用銃っぽくしたかったのです。

 そんな訳で、レシーバーの反対側はこうなっております(笑)。
gun04.jpg 
 うおー!これで遣りたかった事が殆ど出来たー!!
 これで装備、銃共にHaley Strategic関連の民間装備になりました!

 因みに今回掛かった費用は、部品代も含めて役10万円くらい。
 追加で、BCM仕様のトロイタイプのサイトを注文中♪

 余談ですが、まだトレポン沼にハマってない方にとっては、当然ながら「高っ!!」と感じるかもしれませんが、例えばマルイのガスブロM4に、同じような外装カスタムを施すとしたら、結構近い金額いっちゃうと思います(笑)。

 後やりたい事と言えば、はやりグリップとトリガーガード、そしてストックもBCM仕様にしたいなぁ。
 但しグリップはモーターの角度との兼ね合いがあったり、モーター自体を削る等しなければならないらしく、強度とか色々な意味で検討中…(お金も無いしw)。
 まあそのウチまたカスタムしようと思います(お金貯まったらネ…w)。

 さあ!
 早速コイツで森林サバゲーへレッツゴーだぜええッ!!!


 以前の記事でも書きましたが、8月にドラゴンフォース様からトレポンを頂いて早2ヶ月…。
 その間なかなかサバゲに行くチャンスに恵まれず、今回ようやく初トレポンでのサバゲーが実現したのでそのレポート的な感想なぞを此処に記します(ダラダラとw)!

 今回は今年出来たばかりという、千葉県にある「battle」というフィールドに行ってきました。
 此処は同じく千葉にある「戦!」という、ハードなゲーム内容で有名なフィールドと同系列のフィールドです(ただ横文字にしただけやんww)。

 「戦!」と違い、前面平坦な地系で、フィールド全体にウッドチップが撒かれており、足の疲労がかなり軽減される造りなので、初心者でも気軽に楽しめると思われます。またお昼ご飯が充実しており、なんとピザのデリバリーも可能という、一風変った 感じのフィールドです。
 何より店員さんのテンションが高く、良い感じでゲームを盛り上げてくれます♪

 さて、大まかなフィールド説明はこのくらいにして。
 早速、50メートルあるシューティングレンジにて、トレポンの野外初射撃っ!!

 「ヴィッ!」という独特の発射音と共に、真っ直ぐ飛んで25メートル先で落下……。

 んんっ!?

 「あ…あれ?」とドギマギしつつ、再び何度かセミオート連射…。
 「ヴィッ!ヴィッ!ヴィッ!」と小気味良い作動音とは裏腹に、どうしても25メートル手前でBB弾はポトリと落ちる。

 「あ!そうか!ホップかっ!!」

 普段5メートルも無い部屋でしか撃ってなかったので、ホップの事をスッカリ忘れてた^^;。
 そこでヤバイ事に気付く…。

 ホップ調整機具を忘れたあああああああっ!!

 ヤバイバイバイバイ!!(出川調)
 このままじゃ万を時して望んだ、今日(発トレポン)と言う日が無駄になるwww
 恐る恐る店員に、「あの…、トレポン用のホップ調整機具ってあります…?」と聞いたが、残念ながら無いとの事…。

 がっ!

 「確かさっき〝MOVE〟のエンブレムした人が居ましたよ」と教えてくれた!
 〝MOVE〟とは、トレポン界では有名なトレーニングウェポン専門の、エリート御用達の取扱店の事。

 「同じ〝ポン仲間〟ですから、貸してくれますよ♪」とわざわざその人の所に行って、事の次第を告げてくれて、ナイスガイの彼は快く機具を貸してくれた♪。
 有難う!店員さん!そして〝MOVE〟ユーザーのナイスガイ!!

 それにしても〝ポン仲間〟…。
 嬉しいような照れくさいような…^^;

 ホップ調整を終えてからは、思う存分レンジで試射しまくった。
 レンジ最長である、50メートル先の的にバシバシ当たる!!!
 コレには一緒に行った友人も目を丸くしていた(笑)。しかし50メートル先に当たる程度なら、隣で良い音をさせていた人のカスタム電動ガンでも問題なく飛んでいく。

 大きな違いはだ。

 電動ガンは通常、飛距離を伸ばす為にホップを効かせ、落ちていく弾を浮上させて飛距離を稼ぐので、一度落ちてまた上がるという弓なりな弾道を描く。
 対してトレポンは、仕組みは同じだが内部構造が(よく解らんけどw)色々違うらしく、とても綺麗な直線を描いて飛んでいく。
 つまりサイトのゼロインさえちゃんとしていれば、サイトの中心目がけて素直に飛んでいく。当たり前のように聞こえるが、電動ガンではなかなかこうは行かないもので、今まではある程度弾道を予測しつつ、飛んでいく弾を確認しながら撃っていた気がする。

 いちど話した事のある、トレポンユーザーの言葉を思いだした。

 「世界が変るよ♪」

 ホントだ…、全く世界が違う!

 そしていよいよ実戦投入!

 だがいかに高性能なトレポンを持っていようと、ゲームスキルの低いオイラは索敵する前にソッコーでヒットを喰らいまくるww

 しかし有る程度ゲームを繰り返して行くうち、徐々にトレポンが本領を発揮し出す!

 約25メートル先のバリケードには、開閉可能な扉があった。
 その扉から敵の銃の先端がニュッっと出てきた。その銃にサイトを合わせ、ヴィヴィヴィ!と数発セミオート連射。

 「ヒットー!」という、心地よいヒットコール!

 おおおおおお!狙えたっ!
 狙い通りに当たったああっ!!

 今までの電動ガンだったら、当たれ~!とばかりにフルオートしては居場所がバレてしまっていたものだが、今回ばかりは全く違う感覚で初ヒットを取れた。

 まさに今まで味わった事のない、ヒットを取れた時の感覚だった!
 その感覚を理解してくると、〝この距離なら確実に当てられる!〟という妙な自信が沸いてくる!

 そしてゲーム後半。
 その日、一番感動できた事が起こった!

 本日最後のゲームにて。
 自分と仲間は櫓を取ろうと、スタートと同時に猛ダッシュして無事櫓を占領。
 高台から息を潜ませて下界を伺うと、約50メートル先の茂みに敵を発見!
 いや、もしかしたらもっとあったかも知れないが、兎に角少しボヤケ気味で見えていた。

 サイトをジックリ合わせ、駄目モトで数発撃って見た。

ヒット_027 

 まさにイラストのまんまだった(但しオッサンでは見苦しいので女の子に変更w)!

 その時、他の銃声は聞こえなかった。やはりオレが当てたっぽい…。
 本当にオレが当てたのかどうか確かめるべく、さっきの茂みのすぐ近くに別の敵が現れてくれたので再びサイトを合わせて狙いを定める。

 「ヒットー!」

 とてもか細い声だった…。
 否!遠いから声が小さく聞こえるのだ!!
 ハッキリ言って弾道は全く見えていない!
 つまり狙った敵が手を挙げてくれた事で、始めてヒットを取れた事を確認できたのだ!!

 凄い!!これこそがまさにトレポンの実力だ!!



 「世界が変るよ♪」


 彼のこの言葉は本当だった…。


 これからのトレポンライフが益々楽しみになってきた。

 まずは、クリアーに見える実銃向けのサイトが欲しいな~♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。